先生教えて!

第4回 「打とうと思うとどうしても力んでしまいます。どのように直していけばいいでしょうか」

毎回一つのテーマに対して色々な先生方にお答えいただきます。きっとご自分にあった方法が見つかると思います。各先生方からの教えを読み、さー実際にやってみましょう。

阿部 光保先生
(聖武会)
「3つのヒント」

 永遠のテーマです。特にゴルフをするお父さんにとっては悩みの種ですね。ゴルフの場合、いろいろな人がいろいろなことを言っています。では剣道の場合、どうしたらいいのでしょうか。続きはこちら・・・

生方 篤先生
(中央剣道会)
「大きなボールを抱える気持ちで構える」

 力んでしまいますよね。特に右手の力を抜くのは永遠の課題かと思っています。その中でも私の気をつけている事を書いてみたいと思います。続きはこちら・・・

小沼 秀行先生
(中央剣道会)
「力みの原因を理解しよう」

 これは剣道に限らず武道やスポーツ全般、大人になってから始められた方の多くが、直面する問題と思います。これは次の3段階に分けて考えるとよいかと思います。続きはこちら・・・

沢井 學先生
(深大寺剣道会)
「左手の親指の付け根の関節をヘソ前にしてみよう」

 剣道を始める時に、左手はヘソ前に握りこぶしひとつ分開けて親指の付け根の関節がくるように構えると習います。続きはこちら・・・

首藤 成昭先生
(染地剣道会)
「多少の力み、緊張感がないと竹刀で打突することはできません」

 どのスポーツでも、どんなに練習を積んでも「力んでしまう」ことを直すことはできません。また、多少の力み、緊張感がないと竹刀で打突することはできません。続きはこちら・・・