活動方針

生涯剣道

稽 古 ・ムリ・ムダ・ムラの無い剣道で健康第一、生涯現役で更に上を目指す「生涯剣道」を実践します。
行 事 ・「段級審査会」、「東京剣道祭」や各種「剣道大会」等へ参加し、向上意欲を高揚して日頃の成果である「継続は力」なりを実践します。
ホームページ ・「生涯剣道」ページでは基立ち先生の修業時代のエピソード話や、恩師の忘れ難い指導内容や言葉、感銘を受けた書籍等を、これから積極的にお願いし、ご紹介して行きます。

切磋琢磨

稽 古 ・巧まず・力まず・気を抜かず、打って反省、打たれて感謝の気持ちで「切磋琢磨」の稽古に励み、各種剣道大会等で日頃の成果を発揮しましょう。
行 事 ・調布剣連の稽古に留まらず、都剣連、西東京剣連の合同稽古会や各種講習会・研修会・各種大会等の行事への参加で、積極的に「切磋琢磨」を実践します。
ホームページ ・3つの内部大会(「調布市剣道大会」、「近藤勇杯争奪少年剣道大会」、「市民体育祭剣道競技大会」)を「切磋琢磨」の場とし、試合の様子等を特集します。

親睦向上

稽 古 ・加盟団体間の交流稽古や、交流試合を奨励します
・調布剣連内の合同稽古や交流試合など、「親睦向上」に効果的な企画を検討し推進します。
行 事 ・調布剣連会員や保護者の意見交換の場として、効果的な企画を検討し推進したり、他団体との相互交流を図ったり、体育協会等、外部の行事に参加したりして活性化を図ったりします。
ホームページ ・剣連行事の「元朝稽古会」及び「百面立切誓願試合」と、市・体協主催の「市民駅伝競走大会」に加え「盛年大会」等を、「親睦向上」の場として、その様子を伝えます。

少年育成

稽 古 ・「あいさつ」(明るく・何時も・先に・伝える)ができる、人の話が聞ける、返事ができる、大きな声が出せる、顔を見てお話しできる、正された時はその場で直せる、これらのことができるように指導します。
・構えや体捌き、打突や技の基本が充分でき、気剣体一致の有効打突が打てるように指導します。
行 事 ・調布剣連内で外部大会等の試合出場を目指す一段上の稽古を目的とした「少年部合同強化稽古」や各種錬成大会の企画・実施や参加、その他に楽しい思い出が残るような行事を企画・推進します。
ホームページ ・ケンイチ・ケイコBlogを復活しました。これからは、子供たちや親御さんの声をしっかりお届けしたいと思います。剣道をやってみたいけど、剣道を始めたけど、剣道の稽古をしているけど、分からない事、できないこと、聴きたいこと、悩みごと等何でも投稿して下さい。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です