【重要】稽古再開のお知らせ ※2021年9月22日~

中央剣道会は2021年9月22日(水)から活動を再開いたします。

依然として十分な感染予防対策と各自の責任ある行動が必要となります。

中央会の方針と稽古体制を添付しますので、今一度ご確認いただき、決まりを守って安全に稽古ができるようご協力をお願いします。

【→こちらの資料を必ずお読みいただくようお願いします(1)】
【→こちらの資料を必ずお読みいただくようお願いします(2)】

・稽古参加前の検温を行う事
・入館時のチェック表の記入とマスクの着用を行う事
・一般会員は稽古参加の事前連絡を行う事

上記を引き続き実施します。
ご理解、ご協力のほど、よろしくお願いします。

 

(参考:計画書抜粋事項)

1.稽古へ参加するためには、「面マスク(→全日本剣道連盟考案。手拭いを加工して作成します)」もしくは通常のマスクを着用する必要があります。通常のマスクの場合は通気性のあるものや、顎の部分を締め付けないもので吐息が下部と側方に逃げるものとし、密閉性の高い医療用マスクは避けること。面マスクの作成等、各自で準備をお願いします。

2.着面での稽古では、上記4.のマスク着用に加えて「シールド(→参考資料はこちら)」の併用が推奨されています。各自で準備をお願いします。

なお、更衣室の利用にも人数制限があり、稽古着を自宅から着て来ることをお願いしています。
以下についてもご理解、ご協力のほど、お願い申し上げます。

・稽古着袴で自転車を乗る場合は裾をゴムバンド等で止める

・剣道具は持参しないので、体操着等で参加する

・車の入構台数に限りがあるので家族の送迎等で対応する